大坂なおみ、快挙!

今夕の全豪女子シングルスは痺れた。テレビの前に釘付けになり、一人で拍手したり、ため息をついたり。でも錦織圭の試合に比べるとなんと余裕のある事か!同じため息でも大坂の場合は「あれまた凡ミスやったの?それで次はサービスエース … [Read more…]

プロスポーツが面白い

このところテレビ観戦がぐっと増えた。毎日観戦の楽しみな番組が続く。つい先ごろまで卓球選手権、大相撲、サッカーのアジアカップ、そして極め付きはテニスのオーストラリアグランドスラム選手権だ。 大相撲では白鵬が幸運にも恵まれて … [Read more…]

新年だから気になること(石油)

平成の回顧がこの時期の流行なので、便乗して気になることをボツボツと書いてみたいと思った。 地球は一つ、掛けがえのない地球。人類が消費している数多の資源の中で、最初に資源の枯渇化が危惧されたのが「石油」だった。1970年代 … [Read more…]

塩田武士:「騙し絵の牙」

新聞の書評で取り上げられていたのでリクエスト。今やデジタル化の波の直撃を受けている業界の最たるものが出版業界だろう。主人公は雑誌編集長、軽妙な話術とセンスで作り上げた人脈を基盤にして大活躍する。出版業界の裏側情報でそれは … [Read more…]

2019年の幕開け

年末から新年にかけて「平成30年」を振り返ったり、どう評価するかといった話題が新聞テレビで大きく取り上げられている。今年は元号も変わるとのこと。以前からそう思っているのだがわれわれ日本人は西暦と和暦の2本立てで生活してい … [Read more…]

天童荒太:「永遠の仔」(上)

1999年に発表され、2000年には早くもテレビ放映されて一躍有名になった小説だったが、この年末に手に取った。前から気にはなっていたのだが児童虐待を扱っているという情報と長編なのを知っていたので敬遠してきたのだが。 小学 … [Read more…]

レンタルサーバーの見直し

定年を迎え、その後の人生をどう過ごそうかと思い悩みながら、「ホームページの企画、設計、管理を第2の仕事にしよう」と決意してレンタルサーバー会社と契約し、独自ドメインを取得したのが1999年の暮れだった。あれから19年が過 … [Read more…]

藤岡陽子:「手のひらの音符」

この手の青春小説はどれも読後感が良い。今回の物語はアラフォーティの服飾デザイナー水樹が主人公。この仕事に就くきっかけを与えてくれた高校の担任が病に冒され入院しているという連絡を貰った水樹は、見舞いの為に久しぶりに帰郷する … [Read more…]