池井戸潤:「銀行仕置人」

以前テレビドラマで「倍返し」などの流行語を産んだとても面白かった池井戸潤。テレビドラマは幾つかの原作を併せて1本のシナリオにしたものと聞いていたが、本作品はその原作群の一つらしい。不正融資や未公開株などの利権を利用して私腹を肥やす重役の派閥一派とそれに嵌められたできる男、黒部一石の仕事を通した果し合いと行った感じのお話でサラリーマン体験者には色々心当たりあるエピソードがでてきて面白い。サラリーマン版時代劇だ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA