誉田哲也(ほんだてつや):「幸せの条件」

これは就職氷河期に「やっと拾ってもらった」感ある理化学実験用ガラス器械会社のOL瀬野梢恵が人生を生きることの意味を見つけるまでの格闘の物語である、と何やらドキュメンタリー番組のナレーター調で紹介したくなった。舞台は長野県飯山線飯山駅から軽トラで20分ぐらいの農業法人「アグモグ」、総農業に目覚めていく若きOLさんが主人公で1年を通して農業のあれこれを体験しつつ仕事や人と共に、自然と共に生きていくことの素晴らしさを体感していく。なぜそんな農村に出かけていく羽目になったのか?バイオエタノールを作るバイオ燃料製造装置を社長が試作し、そのテストのためにバイオエタノール用の米の生産農家を開拓する使命を与えられたからだ。そして2011年3月11日を迎えてしまう。そう、このお話はあの大津波と福島原発事故被害を体験して人々の意識がどう変わったのかを記録にとどめておく作業でもあったのではないだろうか?風化していきつつある現在、思い起こし、本当に原発は再稼働して良いものなのかどうか、忘れて良いこと、忘れてはならないことがあることを思い起こさせてくれるお話でもあった。テニス仲間で読書好きのOさんが紹介してくれた本、読みやすいのであっという間に読み終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA