野上 卓:歌集「レプリカの鯨」

サラリーマン川柳かとも思う。似たような時代を生きてきた自分にもぐっとくるような歌の数々。印象に残ったもののいくつかを紹介する。 ○ 職退けるのちも仕事の夢を見るたぶん死ぬまで折々に見ん ○ 平穏に退きたる過ぎ行きに解雇を … [Read more…]