宮本輝:「三十光年の星たち」(上・下)

今日は節分。新しい住まいに入って丁度2ヶ月が過ぎ、3ヶ月目に入った。相変わらず整理のできていないものが一部屋にまとめられたままになっている。必要に応じて開梱することにしているがアルバムや書籍が多いので滅多なことでは開ける所までは行かない。その前に諦めてしまうからだ。そしてそんな生活パターンが固定化してきた。先日始めて橋本駅に隣接しているMeWeという多目的ビルに入っている図書館に行き図書貸出券(カード)も作り、本やCDを借りたりして生活にも落ち着きが出てきたように思う。その落ち着き感をもっと実感したくなって図書館で手に取った本はやはり宮本輝の作品だった。この人の本には善人しかでてこない。教養小説のようで堅苦しいところがあるがそれだけに日常生活でハッと気付かさせられる点も多い。読んでいて気も休まる。人間生きていく上でこのような人間世界(社会)の存在があると思うとフィクションではあるが救われるような気分になる。逆境にあっても頑張っている人や自分では一生懸命であっても何か的外れであったり、空回りであったりして苦しんでいる人にも必ずそれを理解し、応援してくれる人が現れる。そんな世界を描き出してくれる。この本でも、二人の老人が「何かの不運の中ででも、一生懸命頑張っている人(主として女性)」を応援して個人的にお金を貸す貸金業を営んでいてその二人にお金を借りた一人の青年、30歳の坪木仁志がその二人の老人たち(75歳)に鍛えられ、一人前の人間に成長していく物語だ。30年、100年後の姿を夢見て頑張る姿を描いている。それは、自然の照葉樹の森が100年後に出来上がる、のを想定して植樹を進める植物学者とそれに共鳴して工場の周りをそうした森で囲ませようとする経営者、その植樹を手伝う従業員、そこに偶然お金を貸した人がいて、その縁で植樹作業を手伝うハメになる坪木仁志。そういう切っ掛けから仁志はその二人の老人の貸金業を引き継いで、その中から人間を知り、学び、成長していく。なぜ頑張る女性に資金援助をして応援するのか!戦後男が戦地から帰ってこない中で歯を食いしばって元気に切り抜けていった多くの女性を見てきてこういう人を応援する資金を使えるようになりたいと考えたというのだ。自分がこの本の老人役であり、30歳の坪木は自分の息子達に置き換えて読んでしまった。そして後書きによると宮本輝はこの本を芥川賞を受賞してから30年をケジメにして総決算のような本を書きたいと考えて執筆したという。一つ事を30年愚直にやり続けて初めて物が見えてくるといいたいのだろうか。75歳の佐伯老人は宮本輝と重なる。


池井戸潤:「銀行仕置人」

以前テレビドラマで「倍返し」などの流行語を産んだとても面白かった池井戸潤。テレビドラマは幾つかの原作を併せて1本のシナリオにしたものと聞いていたが、本作品はその原作群の一つらしい。不正融資や未公開株などの利権を利用して私腹を肥やす重役の派閥一派とそれに嵌められたできる男、黒部一石の仕事を通した果し合いと行った感じのお話でサラリーマン体験者には色々心当たりあるエピソードがでてきて面白い。サラリーマン版時代劇だ。


新居日誌(6):大雪だ!

22日(月)、天気予報通り昼頃からちらつき始めた雪は夕方には20cmにも積もったように見えた。どうしても出して置きたい郵便物を手に近隣偵察へと出掛けてみた。水分を含んだ雪だがそれだけに積もり方も早いようだ。天気予報ではその翌日から近年にない強力な寒波がやってくると脅かしているので、本当なら雪が凍って大変なことになるぞと覚悟をした。雪国育ちなのでこういうことに対する想像力はある。昔、雪が降る前になんだか雪の匂いがするね、とよく話をしたものだ。
夜になるとLINEで息子から「雪除けしなくて良くて良かったね」とメールが入った。本当に免除されたのだろうか?誰が雪除けをするんだろう?管理人がするのかな?1日おきにしかこない管理人がするわけはないぞ。だとすると住民が手分けしてやるしかないだろう。誰か自治会みたいな人から指示が出るのかな?管理委員会のような組織があるようだが実態は全くわからない。どうしたものかなぁ。雪除け道具は引っ越しの時に全部お隣さんに差し上げてきたなぁ・・・。23日(火)朝から快晴だ、気温も結構高くこの分では相当融けそうだ、と思ったが先ず朝一番のゴミ出しで様子を見ることにした。玄関横にはスコップが4~5本立てかけてある。ゴミ出し場までには人一人通れるくらいの小径が付いていた。結構滑る。駐車場が大変だ。自分の車は北向きの隅に雪で埋まっているではないか!日当たりはほとんど期待できないエリアなので尚更大変だなぁ、との思いが募った。大半の車は屋根付きのところにあるが、後からの入居者にそんな良い場所が残っているはずもない。これは大変なことになったぞ!
10時頃、日も高くなって雪除けの用意をして道路に出てみた。お二人の方が雪除けをしていたので声を掛け、雪除けの仲間に入れてもらった。勿論スコップはマンションに用意してあったものをお借りした。2時間ほどの奮闘でようやく自分の車に近づけるようになり、屋根の雪を落とし、周辺の雪を片付けてどうやら明日は車も出せそうな状態になった。一人屈強の男性は今日は非番なのでと言って精力的に雪を除けていた。ウィークデーなので通常なら高齢者と女性だけで雪除けをしなくてはならないのでけっこう大変な作業になるわけだ。マンション生活も甘くはないと判った。


新居日誌(5):近所付き合い

マンションでの近所とは同じフロアの隣人たち、上下のフロアの隣人たちを指すのだろう。中でも密接な関係があるのは同フロアのお隣りさん(横お隣さん)が第1であるのは勿論だがその次に大事だと思ったのは、階下のお隣りさん(下お隣さん)である。戸建てと違って自分が発する物音は横お隣さんよりもむしろ下お隣さんに響くことだろう。入居して暫くは自分の立てる物音に一々ビクついていた。何しろ片付けのために物の移動が頻繁で、それに輪をかけて(自分も年取ったなぁ、と思うのだが)物をよく取り落とすということに気がついた。これまでと同じことなので気にしていなかっただけで、握力が低下しているのだろうし、その上注意力も散漫になっていて物を取るとともに思いは次の動作の方に移っていてしっかり握る前に次の動作に移ろうとして、握っているはずのものを取り落としてしまうのだ。その度に首がすくむ。その内下お隣さんから「いい加減にしてくれ!静かにしてくれ!」と怒鳴り込まれるのではないかとビクビクした。幸いそういうことも起きなくて段々、物が片付いてきて移動の頻度が減り挙動も落ち着いてきたのか、ヘマも減ってきている。それともう一つ気が付いたことは、自分が下お隣さんにかける迷惑を、逆に上お隣リさんからも同様に受けるはずなのだがそれが殆ど無い、というか全く気にならない。静かに過ごしているのだろうが、建物の防音対策が必要十分なだけ考慮されているのかもしれない、と良い方に解釈することにした。だとすればこれまで自分の出した物音も下お隣さんにはそれほど響かなかったのかも知れない、などと思ったりしてみる。かくして最近ではマンション住まいへの軟着陸にもどうやら成功したような気になっている。


新居日誌(4):ゴミ出しのルールが違うぞ

所変われば品変わるの例え通り、ゴミの取扱が違うのに驚いた。住まいが変わったその日から最も気になることの一つが「ゴミの出し方」だった。引越し直後は出るゴミの量が半端ではない。それを手際良く出さなければならない。転入手続きと同時にゴミ出しのルールを書いた小冊子が手渡された。八王子のものと同じように色々なことが図解を交えて書かれているが、気が急いているせいか中々頭に入ってこない。八王子ではゴミの種類に従って青や黄色のカラーのゴミ袋を購入し、その袋に入れて出さないと収集して貰えない。てっきり同じような専用の指定された袋が必要だと信じ込んでいて、引っ越した当日、急いで付近のコンビニに買いに走った。ところが店内をいくら探してもそれらしきものは見当たらない。仕方なく店員に聞いてみると、「ここでは東京都のような専用の袋はありません。透明や半透明の袋に入れて出せばよいのですよ」と親切に教えてくれた。えっ、そうなんだ?!家に帰って少し気持ちを落ち着けて小冊子を読んでいくと、ちゃんとそのように書いてあるではないか!よくよく読んでいくとその他にも八王子とは違ういくつか特異な事に気がついた。
一番の違いは、乾電池や電球など、八王子では「有害物」だとかガラス製品は「危険物」とかといって特殊な扱いに分類されていたが、ここでは区分して出すことは同じだがみんな一括りでしかも何と「資源物」と区分けされている。「有害物」や「危険物」と言われると悪いものを使い、それを捨てるんだという罪悪感を伴うの対し、ここでは「資源物」と言われて、なにか良いものを捨てて回収してくれるんだ、みたいな感覚を持たせてくれるのだ。どちらが良いのかわからないが何となく「資源物」と褒められているような感覚は悪くない。その他にも一般ごみの範囲も八王子に比べると何となく大らかで、それも普通の袋に入れて出せば良いのでスーパーとかで呉れる袋がそのまま使えて合理的だ。これまでは青や黄色のゴミ袋を大中小取り揃えておいてその都度使い分けていた。その代金も馬鹿にならない。大きいものは高いので無駄な在庫が増える。ゴミ戦争と言われたり都市鉱山と表現されたりして、ゴミの方も持ち上げられたり、邪魔者扱いされたりして目を白黒させているかもしれない。


新居日誌(3):Wi-Fiで一騒動

転居日誌(11)ではWiMax導入について快適に使っているように書きましたが、その使い始めの段階で実はひと騒動あったのです。転居して3日目、ようやく緊急の荷物が開梱され、寝食ができるようになったのでWiMaxを使ってインターネットを使えるようにしようとして、先ずは簡単なiPhone,iPADを接続してみたところ難なく繋がり電波強度も上々で簡単に行きそうだったのですが、パソコンを繋いでしばらくしてWiMaxの端末を見ると何やら猛烈に通信を行っている様子、しばらくして再度見ると通信量が半端でない数字になっているので驚きました。何が起きているのか解らずバタバタしている内にデーター転送の使用量が10GBに達してしまいました。実は無線によるインターネット接続の使用量には制限があるのです。1ヶ月の使用量は無制限、使い放題の契約をしてあっても、です。それは回線が需要に対して追いつかないため郵政省の指示により10GB/3日という制限が掛けられているのです。それを越えると125kb/秒という超低速にダウンしてしまうのです。これは実質使えないのと同じ速度です。こんなことは通常の使い方では起き得ません。いくら使っても自分の使い方では5GB程度だからと経験的に分かっていたからです。なぜこんなに転送量が増えるのか、原因を考えても思い当たるフシはないのです。これは何かハードの不具合ではないか疑い、早速電話サービスで調べてもらいましたが要領を得ません。問題無さそう・・・そして3日間、超低速の状態が続きましたが3日過ぎるとウソのように元の高速に復帰しました。無線だけだと自宅の基幹通信ラインとしては不安だなぁ・・・と一寸というか大いにというか不安に駆られてしまいました。この先、Windows10のような大きなソフトのDLなどできるのだろうか?不安を抱えてのスタートです。


新居日誌(2):物珍しきこと

家から駅の間が昔ながらの地域、それもかっては田畑であったらしい処とあって、それなりに細く微妙に曲がった道路を歩くのは生まれ育った金沢の下町を思い出させるものがある。キョロキョロしながら物珍しげに歩いていくと駅に着く。イオンや多店舗の入ったショッピングビルを眺めながら帰途の買い物も今のところは面白い。どこにどんなお店があるのか興味津々といったところだ。大きなスーパーやホームセンターもあちこちに点在していて、それを順番に体験して回っている。幸い、住居の整備のためにチョットした小物が次々に必要になってそれを買う必要があるのが結構楽しい。食べ物屋もまた然りで、帰り道に気になるお店に入って試食したりしてみることもポツポツやってみている。
驚いたのは朝6時きっかりに近くのお寺の鐘が鳴ることだ。毎日きっかり鐘を6つ打つ。知人に聞いてみるとそれはどうやら自動で鐘を突く仕掛けを利用しているらしいよ、と教えてくれた。一度是非訪ねてみたいと思う。
マンションが暖かいとは聞いていたが連日早朝の室温は13~14度、北向きの部屋でも10度そこそこでこれまでの八王子の1軒やが冬になると5度前後まで冷えるのとはウンと違う快適さだ。これまで手放せなかった冬の湯たんぽとも無縁になった。マンションの5階という高さの物珍しさもある。先日のスーパームーンも実によく見ることができた。

どこに出掛けるにしてもどういうルートが良いのかと一々、GoogleMapで下調べしてルート研究をしてからから出掛けるのでこれまでに比べ何事にも時間がかかるのが難点といえば難点だが、地図を見る楽しさを味合わせてくれると思えばそれもまた楽し、である。今のところは何事につけて物珍しさがまず先にくる。


新居日誌(1):新しいインフラ採用

2018年を新居で迎えました。
12月4日に引っ越してまる4週間が過ぎ、今日は丁度第5週目の月曜日、29日目になるのです。ようやく先週あたりから落ち着いた生活を取り戻しつつ、最後の整理段階に入っています。今日は元日で息子たちが家族全員7名で来てくれました。お嫁さんたちは引越して始めてであり意外と整理が進んでいることに素直に驚いてくれました。孫たちは目新しい住まいに好奇心満々で探検をはじめましたが、何しろコンパクトですから探検はすぐに終わり、恒例のお正月をはじめました。先ずはお墓参り、帰りに予約してあったお寿司で元旦の食事。持ち寄ってくれたおせち料理で正月らしい雰囲気も味わう事ができました。
さて今回は転居で新規に採用した新しいインフラを紹介しましょう。
(1)インターネット環境
インターネットへのアクセスは転居に当たっての最重要課題でした。切れ目なくネット環境を使えること、即ち、八王子の光回線を合理的に11月末で契約を打ち切り、12月1日から新しい契約をスタートさせることでした。そのために選んだのはWiMAX(無線)でした。幸い、新居は駅から近いため無線の電波が強力であることが予測できたので屋内の配線の引き回しなど煩わしい事が無視できる無線の採用が可能と判断できたからでした。これは想像以上に受信レベルが高く、どの部屋でも受信ルーターの向きさえアンテナの位置を意識して調整すれば最高レベルでした。これに至るまでには日頃からNPOで講座を開く度に利用してきたWiMAXでの経験値が大いに役に立ちました。WiMAXはプロバイダーを別に契約することもなく、ルーターを受け取ったその日からインターネットが使えるというのが特長です。結果として費用の節約にもなりました。また、ルーターはポケットに入る小型のものを選んだので、外出時にこのルーターを持ち出せばどこででもインターネットの利用ができるのです。ただ、WiMAX電波の網羅している範囲は都市部に限定されているという問題はあります。因みにこれまで住んでいた住宅団地で駅近辺にも賑やかな商業施設もない環境でしたからWiMAXの電波は全く飛んできてはいませんでした。やろうと思ってもできないことでした。街中に近いところに住んで初めて選べる選択肢と言えるでしょう。
(2)新電力
電気を思い切って東電から新電力に切り替えました。既存の東電という巨大会社から自然エネルギーなど新しい電力供給のあり方を模索している会社へのささやかなエールでもあります。インフラは何も変わらず東電の電力を使っているのですが、契約を切り替えるだけで新電力に切り替わるというのは理屈の上ではわかるのですが現実面では不思議な感じは拭えません。切り替えの電話連絡を受けてくれる東電の担当窓口もそれは感じの良い応対で、これだけは逆に意外性を感じビックリしました。何か差別はないのだろうか?と考えたが差別のしようがない、というのが実情だろう。おまけにkwh当りの料金は東電単価より安く設定されている。

この2つのことで節約できる固定費は微々たるものかもしれませんが年金生活者としては、出来る限りのささやかな自己防衛策でもある訳で、結果を楽しみにしている処です。
これらの準備も引越しで家財の整理をしながらインターネットと電話で進めました。ガスは同じ東京ガスなので問題なかったのですが、水道は神奈川県水道企業局に切り替えるのですがこれはネットではできず電話での申し込みとなりなんだかIT化が遅れているような印象を受けました。やはり自治体としての東京都の底力というようなものを感じました。こういうものは他の面でもおいおい感じることなのかもしれません。


転居日誌(11):惜別の日々

転居を決めてから一つ気がかりなことが雲のように湧き出てきた。如何に地域と遊離した生活を送ってきたとはいえ、それでも色んな人達とのお付き合いがあるもので、今回のことを気持ちよくお伝えするのにどうしたらよいかと俄然、気が重くなった。
季節の変わり目には山梨の実家で収穫された果実を届けてくれたYさん、書道の大先生で家族ぐるみ教えて頂いたK先生、お隣のSさん、テニスクラブのMさん。テニスクラブではよく顔を合わせる人たちへの伝達は簡単だったが隣近所が案外難儀だった。日ごろ顔を合わせれば「やあやあ、こんにちは、・・・」と話は続くのですが顔を合わせるということが滅多にないので、わざわざ電話をすると何事かと、相手も改まった感じになるので、つられてこちらも改まってしまう。話がつながらない。真っ先にはやはりお隣にお話した。「偶には、お茶しませんか?」とコーヒーとお菓子でよもやま話の末にようやく話を切り出して相手をびっくり仰天させてしまい、恐縮してしまった。お隣さんは2年前にご主人を亡くされて目下一人住まい、何かと助け合いの関係ができつつあったのでショックは大きかったようだった。Yさんはご夫婦ともに小学校の先生をされていてその上、ご主人は童話作家、小学生の作文コンクールでは審査員を務め、ご自分の童話も課題図書に選ばれたこともある有名人、奥様はお茶のお師匠さんで家内を通して大変懇意にして頂いていた。郵便局に用足しに行く途中、偶然にご主人に行き会い、用件を済ませた後お宅に立ち寄ってお話をした。
後日、Yさんご夫妻のアレンジでご近所付き合いのKさんも交えてお茶会を開いて頂き、送別会をしてくれた。テニス仲間のMさんからも恒例のワインパーティで転居を祝ってくれた。転居が決まって割合早い時点でお伝えできたので送別会も気持ちの余裕がある時に開いて頂き気持ちよく参加できたのは幸いなことだった。最後の1週間のことを考えると早くてよかったとつくづく思ったものだった。最後の1週間といえば、息子たちが引越しの前々日と当日に、段ボール詰めの終盤と引越し当日の開梱に付き合ってくれたことは本当に助かった。みんなに祝福され、手伝ってもらい無事転居が実行されたことは幸せなことだった。


転居日誌(10):引越しまで3週間

契約が決まって引越し日が決まり、その間の3週間が引越し準備期間ということだ。3週間でそんなことができるのか?できるのかではなくてやるしかないのである。
先ずは引越し屋さんの選定だ。引越し屋さんの選定も相見積もりしてもらえるウエブサイトがちゃんとあって、そこに必要事項を入力して送信すれば、何社にでも同時にメールが届く。これを利用すると翌日には2社から営業担当者が現れて見積もりを置いていく。引越し日程は既に決まっているのでその日にやっていただけない所は自動的にダメということになる。付帯サービスの説明も受けてこちらから決めた業者に連絡して決めた。
さて、次に不用品を捨てなければとゴミ袋を買ってきてせっせと詰め込んでみたがこれではダメだとすぐに気がついた。量が半端ではない。そもそも不用品の方が圧倒的に多いのだ。アプローチは「持っていくものを決める」ことなのだ。それ以外は不用品で、リサイクルできるものと捨てるものだということなのだ。そしてこれまたそういうことを扱う会社がまたゴマンとあるのだ。ネットで調べるとあるはあるは・・・ありすぎてどこに決めたらよいか全く分からない。結局また、不動産屋さんに電話して業者さんの紹介をお願いした。これも相見積もりを取ったほうが良いと息子たちが言うのでやってみたが、見積もり方法がまちまちで比較しづらい。結局、不動産屋さんを信用してその会社に頼んだ。これは正解だった。極めて良心的な見積もりで、最初に捨てたいもの、不要なものをリスト化してくれその処理費用を積算して見積もりをする。すごく高い見積もりが出てきて仰天した。しかし最終的に自助努力で処分を依頼するものを減らせればその分差し引きますよ、ということだった。どこまで努力するとどこまで下がるか一目瞭然になって俄然片付けがスピードアップした。ゴミ袋でせっせとゴミ出しをし、また粗大ごみでも車で運べるものは市の最終処理場に直接持ち込みを何回か繰り返して最終的には相当安く最後の処分と掃除を終えることができた。引越し業者さんからきた大量の段ボール箱に必要なものを梱包しながらの3週間の家具、持ち物との格闘のお話でした。