Windows10: Creators Update

4月12日から Creators Updateが解禁になりました。準備ができると登録済のパソコンには「準備ができました」という案内が来るようですが、一足先に Updateしてみました。手動ですが1時間15分ほどで完了しました。情報によるとHDDの消費が使っている状態よっては10GB近くも減るという投稿などもありましたが、自分の使っているノートパソコンでは前のAnnibersary update以来、ほとんど使い込んでいないものでの評価ではむしろ、HDDは5GBほど増えました。何が変わったのでしょう?すぐには判りません。 Creators Updateと銘打っている通り、3D対応が主体だということで、アクセサリーに3Dビルダーが新たに加わっていました。また、それらをアップしてお互いに倒しめるようにウェブ上にRemix 3Dというサイトが開設されていて、作品をアップしたり、クリエーター同士のコミュニケーションの場が提供されていました。Remix 3D is a creative community for everyone.


iTunesが不具合に

先ごろiTunesのバージョンアップをやった後、使えなくなった。再度インストールしようにもできない。アンインストールしてから・・・と思ったら、それもできない。これが動かないと我が家の環境では音楽が聴けない。iPhoneやiPadのメンテナンス上も困る。しかし、先週来水彩画展やNPOの予定があって身動きができない。今日、ようやく朝から解析と対策に入った。どうやら世の中には同類の障害に見舞われた方々が相当いるようで、対策が色々書かれていた。
iTunes11.1 アップデート後 エラー 42404・・・これが障害の結果起きていること。対策はapple社のすべてのアプリをいったん削除して再インストールすることしかないようだ。この対策はもっとも一般的なのですがこのアンインストールができない。Apple社の公式コミュニティサイトにこのトラブル解決法が出ていた。解決法がいくつか書いてあったがどれを試してもうまくいかない。アンインストールができないのだ。最後に行きついたのはMS社が提供している「プログラムのインストールとアンインストールのトラブルシューティングツール」をダウンロードして修復にあたってみた。これが良かった。iTunes1本のプログラムのアンインストールに40分も掛かったができた。もうダメかとあきらめて昼食をとって戻ってみたらアンインストールが終わっていたのだ。同じ調子で4本ほどのApple社のソフトをアンインストールしてから新たなバージョンのiTunesをインストールして無事修復できた。今回のトラブルはApple社の更新ソフトにトラブルがあったもののようだ。まる1日掛かってしまった。


パソコン再生

テニス仲間のYさんのパソコンが不調ということで見てあげると気軽に約束したのが、長引いて正月明けにようやく再生してお返しできた。前々からパソコンのレスポンスを上げる手っ取り早い方法としてHDDをSSDに交換する方法をお勧めしていたので、不調を良いきっかけにして換装することを提案したのです。その前に現状の不調を何とかしたいとトライしたのですがトライすればするほど起動がうまく行かなくなり、遂にパソコン自体をお預かりして徹底的に調べた。結果、判明したことはWindows7パソコンとして購入したものの、知らない間に強制的にWindows10にVer.upされた結果の不調と分かった。しかし元に戻そうにも起動が不調でHDD内にあるリカバリーデイスクを取り出せない。そこでヘルプデスクを利用したのだが、この対応技術者の技術レベルが最悪で有益なサポートが得られず困惑した。念のために修理の窓口でメーカ修理の料金や手続きなどを聞いておこうと電話した際、意外な抜け道的な技を教えられてビックリ!これが奇跡的に成功してリカバリーができてしまった。面白い体験をさせてもらったものだ。そして今、SSD化したパソコンはきっとサクサク動いていることと思う。ついでに自分のノートパソコンもSSDに換装してこれはWindows10だが、実に軽快な動きになり、高性能パソコンに変身した。これもYさんから相談を受けたことがきっかけになったものでそういうことでも感謝しなければと思う。


Windows10の無料ver.up

明日が無料ver.upの最終日です。それ以降はhome版で19,000円、pro版で27,000円以上の課金が必要になる。そのwindows10にも大幅な見直しがあるとか・・・それも8月早々らしい。何が変わるのか、Win10騒動はもうしばらく続くようだ。


IME:異変に気付く(ちょっと遅かったが)

メインのパソコンもWindows10に切り替えてからもう2ヶ月以上は経っているが、今頃になってIMEの以上に気が付いた。この2月にIMEをMicrosoft製からGoogle製に変えたのですが、いつの頃からか起動するたびにIMEがMicrosoft製に先祖返りしてしまうという異変である。「入力方式を切り替えるにはWindowsキーとShiftキーを押すようガイドが出るので、その度に切替ていたが、どうも面倒だし、どうしてかと検索してみると案の定、同じ悩みを抱えている人がいるようで、現状と対策はすぐ分かった。GppgleIMEを既定のIMEとするようにコントロールパネル-言語-詳細で新たに新たに設定し直す日強がある。但し、GoogleIMEではEdgeなどWindowsアプリでは、日本語入力ができないのだ。まだ他のIMEへの対応ができていないのだ。いづれ解消するだろうがこういう弊害もあるのだ。元々IMEの切り替えはキーボードで簡単に変更できるのであまり大きな問題はない。


マイクロソフトの生き残り作戦は?

マイクロソフト社がWindows10で打ち出した無償アップグレード作戦には驚かされた。ビジネス用のOfficeソフトと共に、目に見える収益源だった筈だ。これを手放すとどこで儲けるのだろうか?サーバービジネスも既にかなりLinuxに食われている筈だ。Googleは検索技術と広告を収益源にして、アマゾンは今や物流会社だ。物販を背景にしてタブレットも格安で提供して浸透を図っている。Appleは元々ソフトは無料、先進的なパーソナル機器でユーザを魅了して離さない。競合する会社がすべてソフトの無償化戦略を打ち出している中で、マイクロソフトはその波に呑まれていくのだろうか?Satya Nadella氏がCEOに就任してからマイクロソフト社のソフト無償化戦略は急拡大している。

「フリーミアム」という言葉が使われている。フリーミアムとは基本的な機能を備えたソフトやサービスを無償で提供し、プレミアムな機能やサービスを有料で提供するモデルである。EvenoteやDropboxなどがフリーミアムを採用していると説明されると実像が見えてくるような気がする。これらの戦略、流れを紹介しているこのサイトを読んでいただくと分かる。消費者にとってはWindowsやOfficeソフトが無償で使えるのはとても有難いことだが、ユーザ囲い込みに走るICT大手の競争は熾烈だ。マイクロソフトがこの戦いをどう生き抜いていくのか、興味は尽きない。


Windows:ダウングレード

2週間ほど前にWindows8.1からWindows10にアップグレードしたばかりのノートパソコンですが、今週末から受講する「シニア情報生活アドバイザー」という講座ではWindows8.1のパソコンを持参する必要があるとわかり、急きょダウングレードすることにしました。安全のために8.1の時のイメージバックアップを取ってあるのでそれを使うか、それともMicrosoftが提供している1か月以内のダウングレードサービスを使うか、ちょっと迷いましたがここは一般性のあるマイクロソフト社のダウングレードを体験してみることにしました。[スタート]-[設定-][更新とセキュリティ]-[回復]と進めると中段に「Windows8に戻す」が出てくるのでその「開始する」をクリックするとあとはオートマチックに2回ほどの再起動を経て、見事Windows8.1に復旧できました。所要時間は40分程度でした。NPO仲間に報告すると「マイクロソフトのそのソフト、結構よくできているみたいだね」との感想でした。


パソコンの停止方法

皆さんはパソコンを停止するときにはどういう方法をとっているのでしょう?大抵の方は「シャットダウン」でしょうか?私は余程のことがなければ「休止状態」にしてデスクを離れます。停止の仕方にはこれら以外に「スリープ」というモードがあります。「スリープ」というのは主記憶の電源をダウンさせることなく、それまでやってきたソフトの走行状態をそのままキープして停止させます。ですから主記憶の記憶状態を保持させるためのメモリー電源は生かしたままにしてあります。再起動には時間は掛りませんが、電力の消費はわずかながら続いています。「休止状態」ではその主記憶のメモリーの状態をハードディスク(HDD)に待避させて、作業再開の準備をしておいてから電源を停止させます。電源の消費は抑えられますし、確実に作業を再開できます。「スリープ」では、そのスリープ中に停電が起きると主記憶メモリーの状態が喪失してしまうので完全な作業再開は約束されないのです。

ところが最近数か月、メインマシンであるデスクトップ・Windows7が「休止状態」にしても、直ぐに再起動が掛かるというように変わってしまっているのです。たとえば夜寝る前に「休止状態」にしても、朝には電源が入ってスタンバイ状態になっているのです。電源の節約にもなっていません。久し振りにじっくり状態を調べました。電源のコントロールに関連する設定は、「コントロールパネル」の「システムとセキュリティ」の中の「電源オプション」を見る必要があります。また、「電源プラン」にある、バランス(推奨)とか省電力という言葉についても理解を深めておく必要があります。
電源プラン: よく寄せられる質問を見ると、次のような記述がありました。

  • バランス。必要なときはパフォーマンスを最大にし、非動作のときは電力を節約します。大部分のユーザーにとって、これが最良の電源プランです。

  • 省電力。システム パフォーマンスと画面の明るさを抑えて電力を節約します。このプランをラップトップで使用すると、1 回のバッテリ充電量を最大限に利用することができます。

  • 高パフォーマンス。 画面の明るさを最大にし、状況に応じてコンピューターのパフォーマンスを増大させます。このプランでは、電力消費が大きく、ラップトップのバッテリ持続時間が短くなります。

今一、納得という風にはなりません。単純に言うと、ノートパソコンのようなバッテリーでの動作を強く意識した利用方法の指定に係わるものですね。デスクトップではバッテリーを使いませんし、どちらかといえば使っているパソコンの能力を最大限に発揮させるような使い方に傾きがちですのでここらの設定にあまり神経を使う必要はないように思います。

どのモードにもある「プラン設定の変更」、この中にある「詳細な電源設定の変更」をつぶさに点検する必要があります。スリープ・USB設定・電源ボタンとカバーの設定などを調べておくことが大切です。自分のパソコンの場合、このスリープの「ハイブリッドスリープ」機能をオフにすることによって「休止状態」から自動的に復帰するという現象を停止することができました。ここに出てくるハイブリッドスリープとは一体何なのでしょう?調べてみました。ハイブリッドスリープとは、休止状態とスリープ状態を混ぜたような機能で、スリープ状態にしつつ、HDDにもメモリの状態を保存する。ということらしい。これによって万が一ノートパソコンで、スリープ状態にしたままでバッテリーが切れても作業中のデータは保存されると。まあ、デスクトップパソコンの場合はあまり意味が無い(停電の時には役立ちそうですが)ので、オフにしてしまっても構わないでしょう。という訳で消極的な選択としてオフで構わないと考えてオフにしたことで、目的を達成できたという偶然に得られた目的達成でもありました。どこでどう繋がったのかは定かではないのが今一すっきりしませんが、目的は達成できました。

 


Windows10をノートパソコンにも

予てから予約してあったノートパソコンのWindows8.1からのアップグレードの通知が今朝入っていたので、早速こちらのマシンもアップグレードした。こちらは64ビット機なので処理速度も速いだろうし、8.1の使い難さから早く脱却したいという思いが強かったので心配よりも期待感のほうが遥かに強かった。それに32ビット機であるデスクトップですでに体験済みでそんなに心配するアプリケーションも入っていないので、失うものはほとんどないアップグレード作業である。アップグレードにかかった所要時間は2時間10分でした。すんなりと終了。問題点が1つありました。元々、家庭内でのTV視聴アプリです。今月中に修正版がリリースされることになっているが構わずアップグレードしたので案の定、スムーズに動かない。音声画像ともに出てこない。まぁ、これはほとんど使っていないのでその内、対応するといっているので問題にしないことにした。通常の使い勝手は断然向上した。前にも書いたがWindows8.1は失敗作と断定したいくらいお粗末なユーザインターフェースだと思う。


Windows10をインストールしました

デスクトップの予備機にはwindows10のInsider Preview版を入れてあったので今朝立ち上げてみると、準備が整った旨の表示が出て、ダウンロードが始まった。このマシンは文字通り少し古く、性能もあまりよくないので普段は使っていない。アプリケーションもあまり入れていない。それで無条件でインストールしてみることにした。好奇心だけで。75分程度ですべてのアップグレード作業が終わった。何の問題もありません。Windows8.1よりスタートボタンの復活以外にも随分使いやすくなった。というよりWin8.1までのユーザインターフェースがお粗末すぎたというべきでしょう。新しく提供された機能はフォト、Edge、ミュージック、映画&テレビとなっています。この中でEdgeに注目していたのでアクセスしようとしたらEdgeが見当たりません。どうしたんでしょう?タスクバーにあるはずなのに、慌ててプログラムファイルを見てみましたがありません。どうしたことでしょう。このパソコンが能力不足とかのためにインストールできなかったのか???そういえばInsider Viewの時もチェックしていなかったなぁ・・・。一休みしてもう一度やり直してみたら、すべてのアプリケーションの中にありました。もう一度、プログラムファイルを見直しましたがその中にはありません。どこに入っているのでしょうね。昔、Internet Explorerがそうだったような気がします。Windows10とバンドルになっているに違いありません。