山本一力:「つばき」

この流行作家もあまり手にしてきていない。余りに流行作家になると読む意欲が削がれるのはどうしてだろう?なんだか粗製乱造しているような気がしてならないからかもしれない。本作は江戸の一膳飯屋「だいこん」を若くして立ち上げたうら … [Read more…]

知念実希人:「仮面病棟」

法月輪太郎という作家が解説を書いている。ミステリー小説、身寄りのない寝たきり患者を率先して受け入れるという療養型の病院田所病院を舞台に設定した医療ミステリーという構えが現代的だ。そして腎臓移植という医療行為をお使っている … [Read more…]

腰痛

1ヶ月以上位前から左足臀部に痛みが走り出した。デスクワークが過多のためかと作業は午前中に止め、できるだけ運動をするように心掛けていたが、一向に良くならない。知人のMさんからは脊柱菅狭窄症の症状に似ていると言われているが未 … [Read more…]

春の便り(1):境川

今年の春は短かった!厳しい冬の寒さが続きどうなることかと思いきや、急に暖かくなってサクラがパット咲き、あっという間に散って、次々と春の花が咲いた。近所を流れる境川周辺の春の風景。

春は省略?でも新緑はありました

4月25日、夜半からの強風と雨が止まない。今日明日とスケッチの会の創立10周年記念スケッチ旅行の日。参加申し込みしてあったが午前中はタブレットを楽しむ会があって抜け出すわけには行かず、一人遅れての別行動で下田に向かった。 … [Read more…]

朝倉かすみ:「肝、焼ける」

こういうたぐいの小説は滅多に読まない。図書館の本が途絶えて夜眠る前に手に取る本がないと眠れない時に困るのでいつも手許に読める本をおいておくのが習慣になっている。という訳で今回図書館で手に取ったのがこの本。若い女性の、それ … [Read more…]

五反田のサクラ

年に2回、通ってきた五反田。この地にある病院に5年通った。この日の検査でようやく経過観察が終了し、無罪放免となった。今後は通常の検診レベルで良いのではないでしょうか、との診立てだった。何となくそんな予感がして、今回はスケ … [Read more…]