復活

我がホームページの引っ越しまで2か月を切ってしまった。先月その引っ越しの準備で過去の投稿データをダウンロードしたりの作業をしていたのだがその途上でホームページへの閲覧ができなくなった。勿論、編集などもできない。色々やるべ … [Read more…]

宮本輝:「野の春」

愈々、最終となった。松坂熊吾も71歳となり、いろいろ体に衰えが見えたが頭脳は明晰で周りの人の助けになる的確なアドバイスで尊敬を集め続けた。一人息子も成人を終え、大きな自分の責任を終えるのだった。野の春に満開のサクラの元で … [Read more…]

平成から令和へ

マスコミは時代の転換をはやし立て、朝からフィーバー気味に思える。自分にとってこの日に残念ながらそれほどの感慨はない。 ただ色んな情報の中で天皇の「象徴」というものへの真摯な態度、平和憲法への忠実さ、先の大戦への慚愧の念は … [Read more…]

朝井まかて:「悪玉伝」

1739~1740年(元文4~5年)に大阪で起きた疑獄事件「辰巳屋騒動」というのはこの本を読むまでまるで知らなかった。この作品のどこまでが史実で、どこからが創作なのかの区別もできない。大阪の大手の薪炭問屋辰巳屋の主人久左 … [Read more…]

生命力に驚嘆!

引越して1年と5か月が経った。引っ越しの時庭にあった行く株かの草花を引き受けて頂いたのだが、先日そのお宅のお庭で見事開花しているのを見せて頂きました。お庭の一等地に咲きそろっていました。クリスマスローズです。珍しいと思っ … [Read more…]

新元号:「令和」

私にとっては、しばらくの間の付き合いでしかないのだろうが、この元号を聞いて素直に良いひびきには思えなかった。テレビでは皆さん異口同音に「素晴らしい」、「穏やかで平和になって」、というような感想が軒を並べていた。石破氏が「 … [Read more…]

やらねばならぬことは怒涛の如く

久し振りにわがブログを開いてみると311以来ブログが止まっていた。まるで大津波にあった東北の街々のように・・・。2月、3月と怒涛の忙しさだった。物理的な忙しさもあるがそれ以上に精神的なものの方が大きく自分にのしかかってく … [Read more…]

8回目の311

ここまで15年間続けてきたパソコン関係のボランティア活動は今やスマホ・タブレット講座に主役が変わっている。その3月講座が毎週月曜だったので、今日もその日だった。何と、奇しくもそれが311。「今日は講座の途中に14時46分 … [Read more…]