宮部みゆき:「この世の春」上、下

この作家の江戸物。とある藩藩主の幼少期から受けてきたストレスによる錯乱(精神病)から解き放ってあげようと苦心する幼少期から守役をしてきた老家老と色んな関わりを持って集められた人たちの苦心の記録のようなものだろうか?催眠術のようなもので人格まで変えられてしまう、その呪縛から救い出せるのか、蘭学医術を学んできた青年医師が精神医学と格闘する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA