秦 建日子:「And so this is Xmas」

初めての作家作品。爆弾テロが渋谷ハチ公前で起きるのか?想像を超えるシチュエーション設定で理由不明の無差別殺りくにつながる爆発物への仕掛けがあちこちに張り巡らされていて、シナリオ通りに事件が発生していく。総理大臣とのテレビ対談を要求して、犯人が離そうとしたことが何なのか?戦争を行える国にしたいという首相の願望に対する見せしめなのか?抗議なのか?Oさんご推奨のエンターテインメント小説。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA